なんとなくチェックも終わったのでちびちび作っていく事にします。
ある程度轟雷と共通なのかと思いますがあっちは買ってないのでよく知らん。

IMG_2810

基本的には取説に書いてある通りに部品を切り出して、組み立てていけば完成するようになっています。
一見取説の通りにハメ合わせと思っても、上下左右の向きが間違う事も多いので注意。
ニガテな人は描いてある図形の情報を理解するところから難しいらしい。

各部品の番号は、[アルファベット+数字]の記載になっています。
アルファベットがランナー(枠)の指定、数字が各ランナー内での番号になっています。
例えば、「A6」って書いてあったらAランナーの6番を指定しています。
取説の図と、部品を見比べて間違えないようにします。
(もちろん間違えたら組み立てられない)

IMG_2808

同じランナーが2枚入っているものがあります。
もちろん完全に同じなので、どちらのランナーから切り出してもOK。
左右対称の部位、ヒザなんかはこうなっている事が多いです。
同じものを2個作る事になります。

IMG_2795

ランナーがOまでありますね…かなり多いです。
部品の切り出しに毎回ランナーを探していては作業効率が悪いので、工夫した方が良いと思います。
この辺は人によりけりなのですが、目立つようにテープを貼って番号を書いたりとか、100均のブックスタンド等ですぐに分別・取り出せるようにしたりとか。
なるべく作業場所も広い方が良いです。

なんだかんだ言いながら作っていきます。
部品を切り出します。

IMG_2798

たぶん人によってある程度違うと思いますが、だいたい似たような感じでしょう。
パーツがランナーと2~3箇所で繋がっていますので(ここを「ゲート」と言います)、ここを切って分離します。
パーツの縁からだいたい2~3mmのところをニッパーで切断。

IMG_2800

切り出しました。
当然ゲートのところにまだプラが残っています。

IMG_2801

さらに各所をニッパーで短く切断し、だいたい0.5~1mmくらいにします。

IMG_2803

あとはヤスリで削って平らにします。
パーツの縁、ゲートをニッパーで直に1発で切るようにすると、ゲート跡がえぐられるような形になる事が多いのと、ゲート跡周辺のプラ色が白く変色するので、このように削って形を出します。
コトブキニッパーとか良いニッパーだと、ニッパーだけでもある程度良い仕上がりになるようです。
(持ってない)

仕上げは気にせず組み立てて形になればいい、というのならあまり気にせずバチバチ切ってどんどん作っていったら良いです。

IMG_2804

ヤスリをかけると平らになります。
ヤスリの目の粗さがあるので完全に平滑ではないのですが、細かい仕上げは一旦組んで確認し、バラした後にします。

取説の通りに順番に作っていきます。
必ずしも取説の番号の通りでなくても良いです。
最終的に組み上がればOK。
たまに「腕からじゃないとテンションが上がらない」とかいう変な人もいます。
個人的には疲れている時はパーツ数の少ないユニットにするかなあ。

IMG_2805

頭部からやっていきますが、いきなりつまづく。
額のバイザーのハメ込みがきつすぎて入りません。

例えばガンプラ、バンダイのキットなら「誰でも作れる」というのが方針ですので、あまりこういうストレスはないのですが、コトブキヤのキットはこういう事が多々あります。
「モデラーなら自分でなんとかしろよ」という事で…その分マイナーなキャラものキットを出してくれたり、売れそうにないのにそこそこの値段で出してくれたりとか、そういう姿勢なのでしょう。

IMG_2806

板状のダボを削って薄くし、ハメ込みをゆるくします。
ニッパーでバチっと切って短くしても良いです。
ゆるすぎても最終的に接着剤で接着すれば良いので、めちゃくちゃ細かく気にする必要はないです。

IMG_2807

入りました。
薄かったり細かったりデリケートな部品が多いので、あまり力を加える作業はしない方が良いです。
塗装を前提にしている場合、ハメ込みがきついと後で外せなくなって困ります。

IMG_2811

円柱状のダボの場合、受け側をニッパーで切り込みを入れてゆるくしたり。

IMG_2813

なんか全般的にキッツキツですね…ここも板状のダボをカット。
この分だと組み立てるだけでかなり時間がかかりそうです。

IMG_2814

やっと頭だけできた。
髪の毛パーツが繊細で雑に作業できないので、パーツ数の割に時間がかかりました。
プラモを趣味にしているおっさんでも、この時点でけっこうしんどい。

アニメから入ったプラモ初めての人は挫折するかもしれないですね。大丈夫か。
別の作品ですが、以前TYGER&BUNNYのキットなんかだと、
「買ったけど組み立てが必要だという事を知らなかった」
「プラモデルがどんなものか全くわからなくてチンプンカンプン」
「工具が必要だという事を知らなかった」
とかそんな声も聞こえましたが。
FAGのファンにトラウマを植え付けないように祈ろう…

続く。